民主党は小沢の作った波に乗れるか

 小沢氏、民主党代表を辞任。ここにきてか! というのが正直な感想だ。

 まあ、いつかは辞めるだろう、民主党にとって選挙で勝てる最もタイミングの良い時期に、とは思っていたが。それが今だという事か。

 確かに、麻生内閣が金額だけはばかでかい補正予算を国会に提出したばかり。何もしなければニュースはそれ一色になったであろう。
 しかしこの時期に「小沢は辞任します、ただし補正予算成立後」と言えば、注目はむしろ補正予算成立まで民主党の方に向くことになる。
 少なくとも、この一ヶ月の政局の主導権を民主党が握ったことは間違いないだろう。

 さすが選挙のプロの小沢一郎、転んでもただでは起きぬと言ったところか。


 個人的には、ハコモノ思想の麻生自民党が作った補正予算の穴を突いて、徹底審議で潰して欲しかったのだが。しかし麻生対小沢で党首討論をやったら勝つのは麻生首相の方だったろうから、結果的にどっちが良かったのかちょっとわからない。
 …というか、民主党は補正予算に抵抗する気があまり無かったようだから、どのみち同じ事か。

 まあ、とりあえず民主党の次の代表が誰になるか、注視したいところだ。しこりを恐れて一本化なんて話も出ているようだが、折角のチャンスをそんな形で潰すのはもったいない。大々的に、祭の如く党首選をやってもらいたいものだ。



-----




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック