八重山旅行記_序章

 そもそもの事の発端は、そうだな、どこまで遡ればよいのだろう。2/24の記事あたりにまでなるか。
 とにかく、このあたりからプライベートが最悪な状態で、それでも仕事には何とか影響させまいとがんばっていたのだが、かといってそんなに仕事が楽しいわけでもなくむしろいろんな方面から振り回されるような状況でストレスは増大していく一方で、当時の自分のメール発言とか見るともう本当に汗顔の至りというような状態ではあった。
 そういう状況を打開したくて、敢えて東京への長期出張に手を挙げてはみたものの、東京都心での生活は想像以上に過酷で、却って体調を悪化させてしまう結果となった。そもそも自分は、銀座で待ち合わせしてるだけで気分が悪くなってしまうような人間なので、そうなることは自明の理だったのかもしれない。

 それでも何とか辛うじて仕事はこなせていると自分では思っていたのだが。実はもう周りから見るとそうではなかったらしく、遂に上司から長い休みを取ったらどうかと言われてしまい、医者の診断書をもらったら2ヶ月の休養を要すとなってしまった。


 そんなわけで、実は先週から休職に入っているわけです。


 休んでみると確かに自分が正常な状態でないことがだんだん解ってくるわけで、まず集中力がない。持久力がない。些細な待ち状態が我慢ならない。そんな有様で、最初の数日はとにかく睡眠薬を飲んで自分を強制的にシャットダウンするのが精一杯だったわけだが、何日かすると幾分心のゆとりも出てきて、そんな折にボーナスの支給(6月までは一応出勤はしていたので、それなりの金額は出た)+保有株の配当・優待ラッシュの時期がやってきて、せっかくの休みなのだからこの時間とカネを有効に使おうという気にもなってきた。
 とりあえず、ボーナスで拘束されているのは車のローン10万円だけで、ぶっちゃけ残りは全額使える状態。加えて、JALとANAの株主優待券。あと、ANAの今年いっぱいが期限のマイルが11500マイル。旅行に行きなさいとでも言わんばかりのアイテム群だ。

 そこでとりあえず、日本の東西南北すべての端を回ってみようと思った。
 最北端は宗谷岬、最東端は納沙布岬、最南端は波照間島、最西端は与那国島。要するに八重山諸島と北海道に行けば全部回れる。ので、八重山と北海道に行く計画を立てた。
 ANAのマイル使用条件を調べてみると、6月中なら11000マイルで石垣まで行けることが解った。この時点で、6/25。マイル使用の申込期限は4日前なので、ぎりぎりだ。今すぐ計画を立てて飛行機の予約を取らなければならない。ということで、石垣島から波照間島・与那国島に行くことを考慮して6/29から4泊5日の計画をざっと立て、まずは石垣行きの往復の飛行機を押さえた。

 これを押さえてから、翌日以降具体的な細かい旅行プランを練っていたのだが、それを考えている内にふと、日本の最南端は波照間島ではないことに気づいた。波照間島は確かに有人島では最南端だが、日本国の領土としての最南端は、沖ノ鳥島である。ついでにいうと最東端は南鳥島だ。そしてこの2島に、一般人が上陸するのは不可能だ。

 そう考えると波照間島に行く意味というのはあまり無くなってくる。とはいえ、与那国島が最西端であることには変わりないし、あそこは今自分の中で割とホットな場所だ(後述)。ちなみに今石垣には、大学の同級生で教員をやっているAN君が赴任している。旅行ついでに彼に会いに行ってもいいだろう。

 そんなわけで、以下のようなプランを立ててみた。

6/29
15:25 那覇
16:20 石垣
石垣泊

6/30
石垣島巡り
石垣泊

7/1
西表島(ツアー)
石垣泊

7/2
10:25 石垣
10:55 与那国
与那国観光
15:55 与那国
16:25 石垣
石垣泊

7/3
8:30 石垣
9:20 那覇


 最終日が早朝なのは、午後便が既に満席だったのと、午前の後続便にしたところでどうせ宿で寝てるだけなのでそれならばさっさと家に帰った方が良いという考えからである。


 一応、この計画に従って行動することにし、AN君に29日に石垣に行く旨メールを打った。
 


-----




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 北へ-1日目、稚内

    Excerpt:  なんとなく北に旅立ちたくなった。 Weblog: 荒野草途伸BLOG出張所 racked: 2008-08-03 02:48