2回目合コンと譲りたくない一線

 土曜日に、新都心のGoodWillで「リトルバスターズ」を予約してきた。
(参照:6/4
 で、その足で合コンに行った。

 合コン行く前にギャルゲーの予約をする男。荒野草途伸、32歳。


 で、その合コンの方なのだが。前回(2006/5/4付参照)とは違って、男は全員大学(琉大物理学科48期生)の同級生、女性は会社の同僚の、どうやら沖国大つながりと思われるメンバーであった。

 今回は男側に全く気使う必要無かったし(12年来の友人なので)、女性側もこの半年あまりいろいろ根回し投資などして普通レベルまで仲良くなった人たちだったので、まあ普通に楽しかった。少なくとも自分は。
前回は、男は知らない人ばかり、女性陣も、自分が入社して4ヶ月な上に当時はあんまり女性陣と関わろうとしてなくて仲いいというレベルでもなかったから、なんかもう微妙な雰囲気で・・・。率直に言えば、大失敗でしたから。


 で。そこでまたしても、って感じで出た話が、「あんたの好みって一体なんなのよ」という、前回もいわれた問いである。
 前回はそう言われて、それでその後即答できるようにまとめておいたはずなのだが、内容忘れちゃったもんだから全然回答できなかった。まあ、あれから一年経っていろいろあったし、多少価値観や基準も変わってるところがあるので、ちょっとまとめ直してみようと思う。
  • 年上(これは前回と変わらず。もっと詳しい内容が、2/2付文書
  • 頭が良い(これも前回と変わらず。賢い女性は憧れ〔2006/10/15付参照〕であるし、最近賢い娘なら欲しいとか思う良うなってきたから。
  • 趣味に理解がある
    オタク趣味に限定しないことにした。自分の趣味がそれだけでないことに気づいたから。あと、あくまで「理解」であって、「趣味が同じ」までは要求しない。まあ、同じに越したことはないんだけどね
  • 自分の個性、ポリシー、主体性を持ってる人。何でもかんでも人任せにしない人。
    前回は「妙なポリシー」って書いたが、別に普通のポリシーでかまわないと最近は思うようになった。あと、自分のことは自分で決めて欲しいし、二人のことでもちゃんと意見や希望を言って欲しい。何訊いても「お任せします」は正直、ウンザリする。
  • 保護欲/独占欲が強い(前回と一緒。理想型はフルバの草摩楽羅だが、まああくまで参考レベルに思っておいて貰いたい
  • いわゆる社会的偏見の無い人/若しくは説得して考えを改めてくれる人
    物理学科出身の合理主義者なので、偏見や迷信を頑なに改めない人とは、間違いなく喧嘩になる。あと、自分がいろいろそういう被偏見要素いろいろ抱えてるというのももちろんあるが・・・


 うん。前回よりは、ちょっとマシな基準になった気がする。ただ、逆に対象範囲は狭まったかもしれないが・・・。


 ところで、2次会の最中に、年下が対象外な理由を聞かれて、「自分は妹いるから、年下はどうしてもかぶる」と言ったら、同級生〔男〕から
「年下の女性が全て妹に見えるというのは、それは正直どうかと、俺は思う」
と、指摘されてしまった。

 やっぱり、こういうところで自分は、オタの宿命から逃れられないんですね。


-----






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック