偵察衛星あぼーん

政府の情報衛星、画像送れず 機能停止、収集に「穴」も(asahi.com)

 いわゆる日本の偵察衛星。開発費だけで1機300億円するとかいう奴なのだが、故障したらしい。というより、本来5年保たせるはずのものが、1年早く寿命を迎えた、ということらしいが。

 なんかねえ。

 日本は専守防衛の国だから、こういう偵察衛星による情報収集はむしろ必要だと思うし、高性能の人工衛星が決してお安くない値段なのはわかるし、宇宙空間は地上と違って過酷な環境で機械は壊れやすいというのもわかるのだが。
 300億もかけてたった4年しか保たないって、やっぱりいくら何でもちょっとどうだろう。

 だって、車だって300万円の新車買うなら、短くても5~6年だいたいは10年近く乗るつもりで買うでしょう? そもそもの「5年しか保たない」という設計の時点で「?」って思わないかなあ。
 て言うか、設計上5年しか保たないなんて自分このニュースで初めて知ったんだけど。偵察衛星の導入時に、こういう説明ってあったっけ? 自分が無知なだけ?

 「次にレーダー型が打ち上げられるのは11年度の予定」。え、4年後?どっちみち設計寿命いっぱいまで動いても、来年には偵察能力に穴が空いてたって事?

 なんかおかしくない? ねえ。高い金ばっか使って。
 まあ、国防絡みなんておかしな事だらけだとは思うんだけどさ。在日米軍関係とかもそうだし。




-----

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック