初合コンと理想と現実の自己整理

 とりあえず頭痛は治った。たまにいらん心配をする人がいるので、報告しておく。

 先週29日に、会社の女性達と、荒野草途伸の友人であるHT君やIS君、それにHT君の友人を含めた合コンがあった。ちなみに幹事は自分。たぶん、頭痛の原因はこのときの心労の余波である。
 なにしろ、合コンというものは生まれて初めてだったのである。幹事という役割も初めて。HT君の友人も初めて会う人たち。加えて会社の上司からは「(女性陣の)機嫌を損ねるような真似だけはしないでくれ(週明けの業務に支障が出るから)」というプレッシャーまでかけられて。
 29日は、起きてすぐお腹痛くなって、もう逃げ出そうかと思いましたよ。

 そもそもなんでこんな話になったかというと。3月ぐらいにHT君と飯を食った際に、自分が「うちの会社の女性陣はみんなギャルゲーのヒロイン並みに可愛くていい性格。正直6歳若かったらもう、相沢祐一並みに口説きまくってるねオレ」というような趣旨の事を話したら、是非合コンしたいという話になってしまったのである。
 そう考えると自業自得である。自分から話を振ったようなものだ。せめて、ギャルゲーに例えるのは控えるべきであった。

 まあ、それでもとりあえずみんな楽しんでいたようだし、もう自分の役割は終わったから、これはもういいだろう。HT君には30代女性との合コンを要求しといたし。


 さて。今回のことを総括していてふと思ったのだが、「自分の理想とする女性とは、どんなだろう」という疑問がふとわいた。まあ要するに、「あんたの好みってなんなのよ」という問いにどう答えるか、ということなのであるが。今までこれに関して非常に漠然とした答えしか持ってなかったので、これを機にちょっとまとめてみようと思う。以前にもバトンを回された形で自分の好みを書いたようなことはあるが、今回はこれを叩き台にして、もう少し細かく、かなり理想型に近い形で書いてみようと思う。
  • 年上(一日違いとかでも可)
  • オタク趣味に理解がある(昔同人やってましたとかなら尚可)
  • 頭が良い(せめて良い振りが出来るくらい)
  • 妙なポリシーを持っている(お米とか、ヒトデとか)
  • 保護欲・独占欲が強い(逃げると物凄い勢いで追いかけてくる)
  • デート中に寝てしまっても文句言わない(疲れやすいのでそういう恐れ有り)
  • 普段はあまりべたべたしないというかむしろ攻撃してくることすらあるが、しかし二人きりになると途端に甘えてくる(いわゆるツンデレ)


 いやー。こんな人現実にいないというか、ギャルゲーの世界ですら滅多にお目にかかれないですね。どうやら贅沢を言いすぎたようです。


 ま。とりあえず3つ以上当てはまる人は荒野草途伸の恋人になる才能がありますので、まずはトレーニングキットのお申し込みを、フリーダイヤルx4xx-xx6xまで、お電話お待ちしています!
 ・・・待つんじゃなくて自分から電話かける努力が必要なんでしょうね、きっと。



-----


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック