SB鼻毛の王子様

 wikiで中国史を読みふけっていたらつい徹夜になってしまった。夜寝れないので発売されたばかりの「蒼い空のネオスフィア」をやっていたら、さらに徹夜継続になってしまった。
 以来調子が悪い。徹夜が堪える歳ということか。

 以前探偵ナイトスクープで、「ゴキブリの王子様」というのが取り上げられたことがあった。
 「以前見た、真っ白で美しいゴキブリの王子様を捜して欲しい」という依頼であった。結局それは、脱皮直後でまだ色づいていない状態のゴキブリの事であった。確かにあの茶色いゴキブリに比べれば多少マシに見えるのかもしれないが、しかしゴキブリであることには変わりなく、特に美しいというほどのものではないのではないか、と思ったものだ。
 以上、予備知識。

 本題。
 先日3/27付け文書に関して、「30過ぎると鼻毛に白髪が出来る」という情報が寄せられたが。実際の所、それに類するものは既に一年程前に経験している。
 その時私は、自宅で鼻毛を抜いていた。鼻毛というのは、髭ほどではないが放っておくと結構伸びてくるものなので、切るか抜くかしないといろいろ不都合が起きる。いくらキモオタといえど、入浴と鼻毛の手入れだけは怠ってはいけないのだ。
 その時抜いた一本の鼻毛。それは、色がなかった。白髪などというものではない。完全な無色透明だったのだ。物に例えれば、アクリル樹脂で出来た細い糸のようであった。
 それは今まで見たことがないほどに美しい鼻毛で、私はそれを、きっと鼻毛の王子様に違いない、と思ったのだった。

 私はその美しい鼻毛を妹に見せてやろうと思ったのだが、怒りを買って部屋から蹴り出されることは明白であることに気づき、途中で引き返して鼻毛をゴミ箱に捨てたのであった。

 それ以来、鼻毛の王子様にはお目にかかっていない。


 これはわたしがまだ20代の頃の話である。30過ぎてからこういうものに初めて遭遇していたら、きっとこのような感動的な体験とはならなかったのだろうなと思うわけで。そういう意味でも、若いうちに貴重な経験が出来たと思っている。


 今日は早く寝よう。


blogランキング、1日1クリック
-----

この記事へのコメント

2005年04月02日 00:03
ネコが自分でとってきたネズミを飼い主に見せるように、
ナゼ兄は妹に「本気で蹴り出される」ようなシロモノを
わざわざ見せにくるのか、疑問です。
以前、わたしの兄は自分のぬいだ靴下をもってきました。
「すごい臭いするからちょっとにおってみて!」

鼻毛の王子様を妹さんに見せなかったのは
正解だと思います。
2005年04月02日 23:35
 いやもう、この話には腹抱えて笑ってしまいました。これ以前にも「こみっくぱーてぃ」(ギャルゲー)を妹の枕元に置いておいたら、ものすごい勢いで怒られたことがあります。しかしこういう事をするのは自分だけではなかったということで、私としてはむしろ安心です。「この世で最も愚かな種族は、中学生男子である」とずっと思っていたのですが、「妹を持つ兄」というのも、結構いい勝負なのかもしれません。
 妹からすれば、確かにたまったものではないでしょうけど。

この記事へのトラックバック

  • コメントにコメントする時って?

    Excerpt: 自分が書いた記事に、たまにコメントがつくとうれしい。 ほかの人の記事にコメントして、そのお返事コメントがあると、やっぱりうれしい。 Weblog: 健康一番地@WebryBlog racked: 2005-04-07 22:12